彼岸会(ひがんえ)

     お彼岸とは?   
 

お彼岸は「春分の日」「秋分の日」を中日とする七日間で、正式には彼岸会(ひがんえ)といいます。
「彼岸」の語源は、サンスクリット語の「パーラミター(波羅密多)」を漢訳した「到彼岸(とうひがん)」で、迷いの世界であるこの世「此岸(しがん)」から「悟りの世界」=「彼岸」(ひがん)の境地へ到達するという意味を持っています。
また、平安時代より真西に沈む太陽を見て西方極楽浄土を思い描く修行が行われ、彼岸の期間に仏様の供養をすることで極楽浄土へ行くことが出来る、と考えられてきました。こうした思想が結びつき日本独特の仏教行事となり、現在ではお寺で先祖供養の法要を営み、各ご家庭では先祖供養のためお墓参りをするようになりました。

ご家庭において、お彼岸には次のような準備をおすすめします

① お仏壇の清掃
② お墓参り・お墓の清掃
③ お供え
   果物・菓子などの他、精進料理や故人の好物をお供えする
 春は牡丹の花にちなんで牡丹餅、
秋は萩の花にちなんでおはぎをお供えします。

             
 

当山では秋彼岸会として、法要を行います。

秋彼岸会

 場所  慈 照 閣  2F ホール
 日時  9月23日(土) 午前11時
   秋分の日

     

供養塔婆 一体 3,000円

お塔婆に各家先祖代々、戒名または俗名を書き当山にて供養いたします。
ご希望の方は申し込み用紙にご記入の上、受付へお申し込みください。

 

 

ページ先頭へ

 
 
初心者ホームページ作成