成田山新栄寺開創132周年記念大祭

 
                      特 別 大 護 摩 供 奉 修


     6月28日(水) 午前11時


  

成田山札幌別院では、来る6月28日に毎年恒例の、「開創記念大祭」を奉修いたします。今年も成田山新勝寺貫首大僧正橋本照稔猊下のご巡錫を賜り、盛儀に奉修の予定をいたしております。
檀信徒皆様には、年に一度の特別大護摩供に是非ともお誘い合わせのうえご参拝され、ご本尊さまとの尊いご結縁を一層深められますようご案内いたします。

 ※ご巡錫とは

お護摩札のおすすめ

記念特別大護摩供にあたり、お護摩札のお申し込みを受け付けております。大護摩供にご参拝され不動明王のご分身・ご分霊であるお護摩札を、ご家庭にお持ち帰りいただき、家運隆昌並びに所願成就をお祈り下さい。

一般護摩札初穂料

3千円  5千円  1万円

                                                                     

特別大護摩札初穂料

 3万円以上


※一週間供え置き祈願料

初穂料+三千円

 

当山駐車場はスペースに限りがありますので、当日は公共交通機関をご利用下さい。

 

 

 

 

 


ご巡錫(じゅんしゃく)とは、僧侶が各地を巡り歩いて教えを説くこと、また教えを広めることです。布教の際、昔は僧侶が錫杖(しゃくじょう)を持って各地を巡り歩いていたため、巡錫(じゅんしゃく)と呼ばれるようになりました。意味の近い言葉として、巡行(じゅんこう)・巡回(じゅんかい)・行脚(あんぎゃ)などがあります。

 上へ戻る

 

ページ先頭へ

 
 
初心者ホームページ作成